VIO脱毛をスタート

美を追求する女性

私はTVコマーシャルを見て脱毛サロンに関心を持ち、巨大資本脱毛サロンのWebページからカウンセリングをセッティングしました。

心理コンサルタントは丹念に脱毛の流れなどを解説してもらい、ワキ脱毛のみ申し込もうと思っていましたが解説を聞くうちにやってみたくなりVIO脱毛も付け足しで申請する事にしました。

ついに施術本番です。

個室に移動し、下着を取り、ゴム入りのプール用タオルのようなガウンに着替え、不織布の紙ショーツをはくように言われました。

紙ショーツは面積が狭く、おぼつかない感じでしたが履かないより恥ずかしさはマシという感じです。

目には維持用ゴーグルをはめられていたのでスタッフの顔や周囲は全く見えませんでした。

ベッドに寝そべりガウンをわずかだけめくられ脱毛用のジェルを塗られました。

素手で塗られているような感じですごく緊張しました。

言われたように足を開いたステータスでレーザーを照射されます。

輪ゴムで肌をはじいたような苦痛でした。

Vはそれほど辛くはないですがIはすごく痛かったです。

パチッと一瞬ですが何か所もされるのでかなり我慢しました。

Oは紙ショーツ脱がされるのでパーフェクト丸見えですが苦しみは最上少なかったです。

毛量が少なくなるまでは苦痛が強いですが徐々に楽になりました。

紙ショーツは施術中にちょこちょこずらされるのでおおかた解釈がないですが、何度も通ううちに慣れました。

はじめは怖い・照れくさいと思っていましたが透明感漂うになっていくのが体感できています。